モーレツにクレジットカード現金化

クレジットカード現金化と闇金どっちが怖いの?

現金を借り入れする方法として、カードローン契約やクレジットカードのキャッシング枠を利用する方法が一般的です。しかし、これらには金利が掛けられ、最大で18%ほどとなっています。利用する側としては、低い金利で借り入れを行いたいため、換金率の高いクレジットカード現金化という方法に手を出します。しかし、これは非常に危険な部分があります。

クレジットカード現金化は闇金なみに怖い!

カードローンの契約が契約者の収入以上に出来ないよう、貸金業法により総量規制が制定されました。これは、年収の1/3までの融資しか受けられないことを意味します。クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠を比較すると約2~3倍ほどの開きがあります。そして、ショッピング枠には金利が無いということに気付きます。
実は、クレジットカードの現金化はこの点を突いた商法であり、利用検討者ヘ甘い言葉を囁いています。それは。『高換金率』ということですが、一般的な換金率は87~88%となり、酷い場合は手数料や商品送料といった金額が差し引かれ、70%を切ることもあります。この手数料を金利に置き換えると、約188%以上となり闇金と変わらないものとなります。また、営業形態は闇金より酷く、利用して換金が完了すると契約終了となります。

債務整理で債務減額を要求出来ない。または免責許可が下りない!

クレジットカードの現金化については、違法性が指摘されていることやクレジットカードの利用規約違反に該当します。そのそも、これはクレジットカード会社から訴訟を起こされる可能性があります。実際のところ、クレジットカードの現金化業者については、闇金より悪質性が高い面があり、手数料という名目で利息をとり、債務についてはクレジットカード会社と契約者に押し付けることとなります。万が一何か問題が生じたとしても、第3者として傍観することが出来ます。
一方、闇金については貸金業法違反となるため利用しても一切の返済義務が生じません。つまり、闇金問題については弁護士へ相談することで支払をする必要が無くなります。
ですが、クレジットカードの現金化については、債務整理を行ったとしても借金の減額が出来ないだけでなく、自己破産手続きを行った場合、免責不可事由に該当し、破産者のままとなります。

現金化と闇金どっちが怖いまとめ

クレジットカードの現金化行為については、利用者とクレジットカード会社間での信用問題にまで発展し、最終的には自分自身を追い込んでしまうものとなります。その結果、債務超過に陥った場合、債務整理という方法も行えず、残りの人生を苦しむ結果となります。我関せずの業務形態で営業しており、利用者を傍観しておりますが、現に業者が摘発されることも出ており、今後の取り締まり強化がされることと考えます。

クレジットカード現金化による金利って大丈夫なの?実は危険!

クレジットカード現金化は、ショッピング枠を利用しカードローンの契約を行いたくないといった方には非常にメリットがあるように思えます。
例えば消費者金融のカードローンですが、最高で金利で18%という場合が多く、10万円の借り入れに対し18,000円の利息が発生してしまいます。
一時の現金借り入れなら、クレジットカード現金化がオトクなように思えます!

実は、現金化の換金率を金利に当て嵌めると危ない!

クレジットカードの現金化については、高換金率を謳い多くの業者が換金率98%をインターネットサイトに記載しています。しかし、換金率について詳しく調べるとサイト内には10万円の換金なら87~88%と記載されていることが非常に多いです。
これを見ると、消費者金融の金利18%より低いと思いますが、実は1回の利用で10万円なら12,000~13,000円も持ってい行かれることになります。
一方、消費者金融の金利はあくまで年間の金利であり、365日計算すると1日あたり約50円の計算になります。クレジットカードの決済は30日間と考えた場合、1回の利用で12,000円と1,500円といった差が生じます。つまり、金利計算でいうと1ヶ月でも約188%という違法な状態になってしまいます。

消費者庁は注意喚起している!

クレジットカード現金化を貸金業法に当て嵌め、出資法そして利息制限法を適用すると明らかに違法な行為となってしまいます。しかし、現状の法律では取り締まりが難しく、グレーゾーンで活動していることを消費者庁は注意喚起しています。また、消費者センターに寄せられる相談および法律事務所への相談を考えると注意するべきものとなります。
そもそも、実質金利が約188%は闇金融と同等と考えることが出来るだけでなく、クレジットカードの支払をリボルビング払いにしてしまうと利用者に大きな被害を与えることとなります。つまり、一時的に現金が必要になった際、利用すると長い期間、返済に苦しむこととなります。

実は危険まとめ

クレジットカードの現金化について、警視庁や弁護士会、クレジットカード会社および日本クレジット協会は注意喚起を行っています。これは、単純に違法性を指摘しているだけでなく、利用者の保護を掲げている側面もあります。グレーゾーンで活動する行為であり、今の時点では消費者金融のカードローンをWEB完結で契約した方が安心できます。

ニートでもお金が借りたい、そんな時はモーレツにクレジットカード現金化

モーレツにお金が欲しい時って人生では結構あるかと思います。私の場合は新卒で就職してからというもの上手くいかず、親のスネをかじりつつ自由にやっている自由人ですが、そんな自分が少し困る事が1つあります。それはモーレツにお金が欲しいのにマトモな金融機関がお金を貸してくれない事です。そんな時に私は家族クレジットカードで現金化をモーレツに行っています。

クレジットカード現金化は消費者金融や銀行カードローンの様にニートに対して差別はしません。20代の5人に一人はニートもしくは万年学生の半ニートなんですから差別をせずに、普通に融資をすべきです。私の様な自由人がモーレツにお金を借りたい時、闇金に頼るしか無いというのが現代の世の中ですが、それは幾らなんでも親に迷惑をかける親不孝者になってしまいます。

そんな狂った世の中で、クレジットカード現金化は現代に咲いた一輪の花、私の様な自由人の徒花にでも差別なく誰でも利用できる素晴らしい借入方法です。

クレジットカードの利用料は父親が払っているのですが、クレジットカード現金化をリボ払いでお願いすれば数万円の現金化なら多くても3千円位しか月々のリボ払いが増えませんので混ざってわかる訳がありません。
親父もクレジットカードの引き落とし額は把握していてもクレジットカード明細を細かく見ることなんてありませんから、数万円ならともかく月々の支払額が少し増えてるのは、電気代が上がったかな程度しか把握できませんからバレズにお金が手にできます。

私の様な自由人の方に重ねてお知らせしたい事は、モーレツにお金に困った時は是非クレジットカード現金化をやってみて下さい。快適さにモーレツに感動する事間違いなしです。

今でもクレジットカード現金化知らないの?知らないのは時代遅れ!

先日友人と話していて、情報化社会の現代でもクレジットカード現金化を知らないと言って驚きました。彼はキャッシングを長らく続けていて、何時もお金にカツカツで新しいカードを作っては古いカードが停止される様な生活を送っているいわば借金のベテランなのに、クレジットカード現金化の事を全く知らないのです。

彼のクレジットカード現金化の知識は、

・クレジットカード現金化は違法行為
・詐欺会社が多い
・コストが高い

このの3つの先入観を持っていました。彼は何かで得た先入観に騙されていた様なので1つ1つ説明して納得させる事にしました。

クレジットカード現金化は割賦販売法で違法とはされていません。人によっては分割で買った商品はカード会社に所有権があると言う詭弁を弄する人も居ますが、それだと分割で購入したものはプレゼントとして渡しても違法になってしまいます。これでは財産権の侵害で社会通念上その様な詭弁は認められません。精々、クレジットカード現金化はカード会社の規定違反にギリギリ抵触する可能性がある程度で違法行為になる可能性は全くありません。

詐欺会社が多いのは、闇金を営業している人間が別の形態で顧客を掴もうとクレジットカード現金化の看板を出しているので、実態が多く膨らんで見えているだけです。少し真贋を身につければ詐欺会社を見分ける事は容易です。闇金業者の詐欺被害にあったと思ったら、カード会社に決済を止めて貰えばいいだけなので、痛くもかゆくもありません。

コストが高いというのは金利の錯覚です。
100万円を現金化し、85万円を受け取り返済していく事と、消費者金融から85万円を借り入れる返済していく事は同じ経済効果ですが、

では、100万円の商品を購入して85万円を受け取り、分割手数料12.5%で支払い続ける
のと、
85万円を消費者金融から18%で借り入れ支払い続ける
この二つは何方が高コストでしょうか。
答えは期間によって違います。返済期間が長くなれば長くなる程、その差は縮まり、利用者の平均値の期間位返済期間が長引けば、クレジットカード現金化も消費者金融もコスト面で大差ない、もしくは現金化の方がコスト安になるというのが答えです。クレジットカード現金化はポイントもつくので、更に消費者金融から借りるより有利になる場合があります。

今の貸金業界の状況でクレジットカード現金化を知らないのはハッキリと言って時代遅れです。皆さんも変な先入観を持つと友人の様に損する事がありますので、先入観を捨て自分にあったケースでの選択をする様にして下さい。

まだ知らないの?今からでも遅くないクレジットカード現金化!

ネットの普及と共に進化拡大を続けているクレジットカード現金化はキャッシングに代わる資金調達方法として定着してきましたね。しかし主流だった買取式やキャッシュバック式も近年新しいタイプの現金化法に押されつつある事をご存知ですか?

次世代型クレジットカード現金化として急速に成長しているのがAmazonギフト券の買い取りによるクレジットカード現金化で、キャッシュバック方式による現金化よりも違法性が限りなく低い安全な現金化として人気を集めています。

従来の現金化は法律的にグレーゾーンにありましたがAmazonギフト券買取は簡単に言ってしまえば金券ショップで行うチケット類の売買と同じなので今まで現金化に抵抗のあった人でもこれなら安心して利用出来るのではないでしょうか。

ただ安全と言われるAmazonギフト券による現金化にもデメリットがあります。それはAmazonギフト券を30万円以上購入する場合はカード会社の決済承認に時間を要したり、非承認になるケースがある事で今までAmazonギフト券の購入経験が無かったり、アマゾンアカウントが無い方も現金化に時間が掛かってしまう傾向があるようです。

対策としては1度に30万円以上のギフト券を購入せずに日にちを空けて決済したり、複数のクレジットカードカードで少額ずつ購入すると承認されやすくなります。また購入時に「出産祝い」などメッセージを添えて現金化では無くギフト用として購入していますよ、とアピールするとより良いでしょう。今はまだ現金化を知らなかった人も遅くありません!この機会に現金化を活用してみてはいかがでしょうか。

モーレツに感動!クレジットカード現金化の真の姿とは!?

現金化を知っているか知らないかではモーレツに差がつきます。はっきり言うと知らない人はかなり損していますよ。きちんと返済計画を立てて利用すれば借り入れ履歴の残るキャッシングに頼らなくても資金調達が可能なんです。現金化は月々の支払いがキツそうと思われがちですが実は自分のライフスタイルに合わせて返済方法も選ぶ事が出来るんですよ。

・一括払い
決済月の締日の翌月にまとめて全額支払う方法です。金利手数料がかからないメリットがありますがひと月の負担が大きいデメリットがあります。

・分割払い
カード会社によって異なりますが2~36回まで支払い回数を選べます。支払い期間にゆとりがある分月々の負担は少ないメリットがありますが、3回以上からは金利手数料がかかるデメリットがあります。

・リボ払い
毎月定額もしくは定率で返済する方法です。現金化をどれだけ利用しても月々の返済額は変わらないので家計管理がしやすいメリットがありますが、金利手数料が分割払いよりも若干高めになるデメリットがあります。

・あとから一括
一括払いと異なるのは請求月ではなくそれ以降に支払いを繰り延べる点です。全てのカード会社が対応している訳ではないので確認が必要です。返済をボーナスが入る月に回す事で時間・資金的にも余裕が出来ます。

いかがでしょう?少し見方を変えれば現金化は消費者金融よりもハードルの低い身近な暮らしのお助け隊のような存在とも言えますね。

クレジットカード現金化体験者のモーレツな体験談

さなえさん
クレジットカードで買ったブランド品を質屋に持って行って現金化をすることを考えましたが、女性ということもあって何だか恥ずかしい気分になりました。そこで、クレジットカードの現金化の業者を利用しましたが、女性でも内緒で現金化できたので安心できました。

なおみさん
免許を取ったばかりで親の車を勝手に乗っていました。すると、その車をぶつけてしまって修理代を払わないといけなくなったので、どうしようと考えていたところ、クレジットカードの現金化ができることを知りましたので連絡しました。すると、希望の金額通りの現金を振り込んでくれたので、大変助かりました。

もも子さん
土曜日になって急に友人にコンパに誘われました。支払いは割り勘ということで、クレジットカードが使えないことから、現金を用意しないといけません。そこで、クレジットカードの現金化の業者を利用すると、現金が用意できるので利用することにしました。どこでクレジットカードを使うのも理屈は同じなので、抵抗なく利用できました。

クレジットカードのショッピング枠を現金化する前に仕組みや換金方法についてチェックしよう!

サイトマップ

検索

キャッシュロードの口コミ感想|キャッシュロードの体験談や営業時間についてピュアサポートの現金化とは|ピュアサポートの口コミ&評判をチェック!ハッピーリターンはおすすめ現金化業者|ハッピーリターンの口コミレビューとは