モーレツにクレジットカード現金化

クレジットカード現金化がカード会社にバレた、詐欺罪が成立するの?

クレジットカード現金化を考えている方は、クレジットカード現金化がもしカード会社にバレた場合、違法性が問われるのではないか不安を抱えているのでは無いでしょうか。下手したら詐欺罪で捕まるんじゃないかと心配されている方もいるかも知れません。クレジットカード現金化の違法性についてお答えします。

クレジットカード現金化が違法と言われる根拠

日本クレジットカード協会の公式見解では、クレジットカード現金化は違法で詐欺罪であると説明しています。これは、日本クレジットカード協会としては現金化を行われると回収不能に陥るケースが多いため、協会としてイチャモンをつけたいが為にこの様な説明をしています。
協会のロジックとしては、クレジットカード会社の規定で現金化を目的としたクレジットカードの利用は禁止されており、現金化を行った場合は規定違反となり、クレジットカード会社からカードを騙し取った嘘の申告の詐欺罪が成立するといったロジックの様です。

日本クレジットカード協会のロジックには無理がありすぎる

一見すると上述のロジックはちょっと根拠がありそうですが、全くそんな事はありません。
まず、一番最初から現金化でカード会社に詐欺行為を行うつもりでカードを作ったならまだしも、利用している内に偶然の結果として購入した物の代金が支払えなかっただけなのですから、詐欺罪が成立させるには根拠が弱すぎると言えます。
クレジットカードの規定違反に該当するかは確かに該当しますが、本人が現金化を目的として購入したと白状しない限り規定違反とみなしてカード停止は行えません。証明出来る手段なんてカード会社は持っていませんから。
購入した物を売却するといった行為は、当然の如く個人の財産権で認められていますので、カード会社が縛る事は出来ません。
ひとつひとつ整理して考えていけば、全ての法律で違法になる可能性は無く、馬鹿正直に現金化目的を認めなければ規定違反にも該当しないでしょう。

まとめ

上述の通り、クレジットカード現金化の違法性は全く心配要りません。もし違法性があるならば、カード会社が詐欺罪で訴え、民事で損金を取り戻そうとするはずですが、その判例がないという事は違法でない事の証明でもあります。カード会社も分が悪すぎる事を自覚しているので、裁判沙汰にしないのです。
今まで不安で現金化を利用できなかった人は、機会があればクレジットカード現金化を利用してみてはいかがでしょうか。

今でもクレジットカード現金化知らないの?TOPへ

検索